備忘録と日記

備忘録・日記としていろいろ残していきます

自作キーボードデビュー【KBD67, TOFU65】

はじめて自作キーボードを作ったので、備忘録として残しておきます!

全てKBDfansで揃えました。

f:id:mo-ri-24:20210215021820j:plain

 

参考記事

salicylic-acid3.hatenablog.com

salicylic-acid3.hatenablog.com

 

構成

TOFU65 Custom mechanical keyboard DIY KIT - Grey / Aluminum

ケース:TOFU65 Case

PCB:KBD67 rev2.0 PCB (RGB underglow, soldered version)

プレート:Aluminum plate

スタビライザー:Cherry screw-in stabilizers

 

スイッチ:Input Club Hako Violet
                      タイプ:タクタイル
                      押下圧:約39gf
                      動作圧:約28gf
                      ストローク:3.6mm
                      接点:1.88mm
                      プレートマウント(3ピン)

キーキャップ :PBT OEM DYE-SUB KEYCAPS SET

 

キー配列の書き換え

QMK Configurator 

config.qmk.fm

 

f:id:mo-ri-24:20210213203834p:plain

トップ画面

 

 

  1. pcbとレイアウトを選択(KEYBOARDとLAYOUT)
  2. 配列を変更

    f:id:mo-ri-24:20210213204351p:plain

    編集画面

    *MO(n)は押している間、n番レイヤに変更(Quantumタブ)

  3. コンパイル(右上のCOMPILEボタン)

    f:id:mo-ri-24:20210213203728p:plain

    コンパイル
  4. ファームウェア(Hexファイル)のダウンロード(右下のFIRMWAREボタン)

 

QMK Toolboxのインストール

github.com

 

macなのでQMK.Toolbox.app.zipをダウンロードしてインストール。

起動する時エラーがある場合は、ドライバーのインストールも。

$ brew tap homebrew/cask-drivers

 

f:id:mo-ri-24:20210213210531p:plain

起動画面

 

  1. 書き込むキーボードを接続
  2. ダウンロードしたHexファイルをセット(Openボタン)
  3. 「Auto-flash」にチェックを入れる
  4. 「Auto-flash enabled」を確認
  5. PCBのリセットボタンを押す
  6. 「avrdude.exe done. Thank you.」が出れば書き込み完了

 

テスト

サイトでテストしました。

「keybord test」で検索するとたくさん見つかると思います。

 

en.key-test.ru

 

完成

f:id:mo-ri-24:20210215021855j:plain

f:id:mo-ri-24:20210215021905j:plain